PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふれあい広場

東京ふれあい医療生協 ふれあい訪問看護ステーションの公式ブログです。

ステーション内の出来事などなど、面白おかしく紹介します。


<< 在宅療養支援とは | main | 銭湯での出来事 >>
生き抜いて
0

    難病 独居

    ケアマネを何人も変えてきた

    訪問看護ステーションも渡り歩き

    気に入ったヘルパーしか受け入れない

    そんなEさんの訪問看護に入るようになった

    自分のしたいように生活すると言い

    布団の生活

    自宅風呂に入ると言い、血圧が低かろうと絶対に入る

    自律神経障害で血圧が低くなるため、昇圧剤を使い

    お風呂の前にちゃんと飲む

    それでも低いこともあった

    危険なことを伝えても俺が平気って言ってんだ、大丈夫だ

    医師から低血圧時の入浴中止の基準はもらっていたが、聞くわけもなく・・・

    せめてシャワーにしてとお願いし、うなずいてくれる

    友人がウナギを持ってきてくれた

    美味しかった

    次は天丼が食べたいな

    死んだときに、何食べてきたって聞かれた時、大したもの食べてなかったら嫌だろ

    ヤマザキのミニアンパンや、ランチパックを美味しいと食べる

    嚥下が危ういので温かいお茶を出す

    やっぱりお茶だなと美味しそうに啜る

    ゆっくり噛んで食べてねと声をかけ、また来週お風呂に入りましょうと言い退出する

    しかし、それが最期となった

    週末倒れているところを発見された

    原因は不明だが、予想できた最期ではあった

    周囲は危険をはらんでいる生活を心配し、提案し、

    そして拒否されて、様々な人たちがEさんに関わってきた

    だが、本人は最期までぶれずに、意思を貫き通した

    孤独死と言えば孤独死だが、人は死ぬときはいつだって一人だと思えば自然なことでもある

    こういうのを生き抜くというのだろう

    | ショチョーW | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 02:21 | - | - | - | - |









      http://fureainsst.jugem.jp/trackback/465
      PR
      SEARCH THIS SITE.
      MOBILE
      qrcode
      RECOMMEND
      OTHERS