PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふれあい広場

東京ふれあい医療生協 ふれあい訪問看護ステーションの公式ブログです。

ステーション内の出来事などなど、面白おかしく紹介します。


<< 妻の思い | main | 母としての思い >>
知ること
0

    某大学病院での緩和についてのセミナーがありました

    4日間かけて、専門の先生がじかに講義してくれるものでした

    大学院生向けの講義のようでしたが、市民にも公開されていました

    すべて参加しなくても、聞きたいものだけでもいいというもの

    ・呼吸困難における緩和ケア〜鎮静、end of life

    ・緩和的抗がん剤について

    この二つを聴講に行ってきました

    特に、緩和的抗がん剤治療については非常にわかりやすくためになりました

    PS低下しているのに何で抗がん剤を続けるの?

    そんな疑問を持ちながら訪問しているケースが結構ありませんか?

    抗がん剤は苦手意識もありました

     

    訪問看護ではターミナルの指示で訪問しているケースがほとんどだったので

    それまでの抗がん剤や、放射線治療などすでに終わった状態で開始します

    どんな説明を受けてきてその治療を選択したのか?

    そのプロセスが分からない状態で、訪問看護師あるあるな思考回路に陥る

    抗がん剤を飲まないでいい時間を過ごすのが一番

    抗がん剤は命を縮めている

    QOLを低下させている

    そうではないこともあるんだと知ることができました

    先生が、抗がん剤の副作用が少ない内服抗がん剤を使う事で

    今の腫瘍を抑えていることができている

    止めるという選択肢もできるけど、やめたら進行するかもしれないし、意外といけるかもしれない

    やって見なきゃわからないのも事実

    害が益を上回れば緩和になる

    私たちの仕事は常に4原則に基づいて考えているんだと改めて思いました

     

    在宅にいると最新の医療知識を得る機会が少ない

    最期を看る者として、最新を知っておくことは臂臑に重要だと思いました

     

     

     

    | ショチョーW | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 01:39 | - | - | - | - |









      http://fureainsst.jugem.jp/trackback/460
      PR
      SEARCH THIS SITE.
      MOBILE
      qrcode
      RECOMMEND
      OTHERS