PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふれあい広場

東京ふれあい医療生協 ふれあい訪問看護ステーションの公式ブログです。

ステーション内の出来事などなど、面白おかしく紹介します。


<< 高齢者にとって大切なこと | main | 共に思うこと >>
見守りさん
0

    昨年より受けているケース

    精神科訪問看護の指示書で週1回訪問しています

    まだ若い利用者さんには、ご家族がいます

    訪問の対象者は、若い〇さんですが、家族への介入が重要だったため

    最初は、家族との時間、〇さん、締めに家族という感じで訪問時間は過ぎました

    訪問時間はいつも90分はかかりました

    時間をかけました

    家族の価値観が、〇さんとの関係を難しいものにしていました

    価値観は変えられないけれども、家族に自分の価値観に気付いてもらう事から始めました

    そこには、家族自身の生育歴も大きく関与していました

    気付いたからと言って、すぐに受け入れることは難しいものです

    何度も話し合いました。私も家族の価値観を受け入れ、そして〇さんの病気とのすり合わせをする

    家族は、自分の価値観を少し抑え、〇さんに関わってくれるようになりました

    もちろん、とても葛藤を感じながら自分の価値観を押し付けないよう我慢してくれているため

    ストレス1000%とも言っていました

    〇さんの病気には、家族の価値観を理解して、生活を見直してくことは出来ないことを

    何度となく伝え、ようやっと家族の考え方が少し変化してきていたところです

    〇さんには、訪問看護だけでは到底どうにかできるものではなかったため、

    関係者との情報共有のカンファレンスも何度か持ちました

    〇さんについて家族も含め話し合い

    何が〇さんにとって良いのかを、みんなで考えながら訪問しています

    生活がすぐに変化するわけではありません

    家族は、なかなか思うようにいかないことを歯がゆく見ていますが、

    try and erro でまた一緒に考えながらやりましょうと伝えています

    〇さんは、若い時期から専門の方たちがついてくれているから幸せなんだよと

    生きにくい人生にしないために、今から多くの人に見守ってもらいながら

    大人になってもらえるように、みんなで育てようと常々伝えています

     

    そして、その家族は、私のことを「見守りさん」と呼びます

    「いやいや、訪問看護です」と言おうかとも思ったのですが、

    でも、そう思ってくれている理由がそこにはあるのだと感じ

    「見守りさん」を受け入れています

    見守りさん・・・

    なんかちょっといい響き・・・

    人生を見守る

    訪問看護師としての最期まで人生に寄り添うのだから

    「見守りさん」

    いいね

    | ショチョーW | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 02:11 | - | - | - | - |









      http://fureainsst.jugem.jp/trackback/453
      PR
      SEARCH THIS SITE.
      MOBILE
      qrcode
      RECOMMEND
      OTHERS