PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふれあい広場

東京ふれあい医療生協 ふれあい訪問看護ステーションの公式ブログです。

ステーション内の出来事などなど、面白おかしく紹介します。


<< 年賀状 | main | 生きたい様に生きる >>
24時間生活、人生を支えるという事
0

    新年あけましておめでとうございますき

    今年もよろしくお願いいたします♪

     

    今年は1日と3日がお当番でした

    何事もないことが一番ですし、そうならないように予測されることを十分ケアしてきています

    それでも、トラブルはつきもの

    好きでトラブルを起こすわけではない

    呼んだほうも、申し訳ないという思いでかけてきているはず

    この2日間で、3件の訪問をしました

     

    難病の痛みへの対応。介護者も体調不良でなかなか訴えに対応しきれずにいたようでした。

    痛みが出る病気であるため、かなり強い疼痛緩和をしていますがそれでも痛い

    これ以上のレスキューも使えない中、行き詰まる家族からの電話汗

    どうにもならないのは分かっているけど・・・・

    「いく事で少し落ち着くなら行こうか?」

    そう問うてみる。行ってもできることは限られている

    それでも、何かケアはできるDocomo88手当てDocomo88

    「じゃあ、お願いします」

     

    2件目は認認夫婦の尿カテーテルトラブル

    年末前に交換していたのに、すぐに尿漏れトラブル

    医師に確認し、パットで乗りきることに・・・

    でも、カテーテルが入っていることで、その効果がみられてないことの不安が介護者、ケアスタッフに現れる

    問題ないから大丈夫と思えるのは医療者だけショボン

    不安なものは不安ゆう★

    お正月のため来ていた家族が、そのトラブルを目にし、このままでいいのか?

    そう思うのも仕方ない。説明はしたけどできれば見てほしいと言うため、顔を見て不安を聞く。

    問題解決がすぐできなくとも、きちんと顔を合わせて話すことで納得もしてもらえ、

    様子を見てもらえる。仕方ないから行ってもしょうがないではなく、不安に寄り添う

    一度経験すれば次は、家族も様子がみられるようになる

    そうやって家族も成長していくマリオ1upキノコ

     

    3件目はCVトラブル

    トラブル回避の説明はしていたが、やはりできなかった様子

    夜だったため、恐縮されていた沈

    一度説明してはいたが、実際にやってもらったわけではない

    やはり経験しなければ、できないものだ

    次はちゃんとできるようにしますと、恐縮している

    大丈夫大丈夫。次は頑張ろう筋肉

    でも、年末年始は楽しく過ごせたようで笑顔だった

    良かった。嬉しそうな顔が見れて花

     

    訪問看護ステーションでは、当番が療養者の生活を支える

    それは、まだ続く人生を支えることにもなるのだ

    「来てくれると思うだけで安心です」

    その安心を私たちはいつも守っていきたいなっと思ったお正月でしたお願い

     

    | ショチョーW | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 00:18 | - | - | - | - |









      http://fureainsst.jugem.jp/trackback/440
      PR
      SEARCH THIS SITE.
      MOBILE
      qrcode
      RECOMMEND
      OTHERS