PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふれあい広場

東京ふれあい医療生協 ふれあい訪問看護ステーションの公式ブログです。

ステーション内の出来事などなど、面白おかしく紹介します。


<< 満足のいく看取りを支える | main | 連携 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    SPACE-N終了
    0

      9月から始まった、日本ホスピス緩和ケア協会主催のSPACE-N

      専門的緩和ケア看護師教育プログラム

      全5回の研修、モジュール7の課題を毎回レポートし、

      モジュールについて対話を通して学びを深めるkyu

      なぜこれに参加したか・・・

      ステーションで様々な方々の看取りに関わらせて頂く仕事をしています

      緩和ケアをしていく中で、これでいいのか、自分の知識、技術は?

      だからELNEC-Jの指導者研修も受け、指導者にもなりました

      でも、それでも緩和ケアちゃんとできている?

      自信満々になれない自分

      自己満足で終わっていないのか?

       

      研修を終え・・・

      専門的緩和ケアを担う看護師として必要なことを参加した仲間達と考え抜く

      先を見据える力、見極める力を兼ね備えているからこそ、

      様々なケースに冷静に、柔軟に対応できる力を持っている

      そして、自分の事をきちんと知っている。

      できることできないことも把握しているからこそ、必要なチームを形成することができる。

      チーム員の力量や特性を判断し、チームとして患者・家族がどうして行きたいかを

      病期を通して変化する思いに寄り添い、意思決定を支援していける力。

      それには、患者・家族の価値観を表現できるような関係を作ることができる力が必要

      そして何より、この研修に参加すると決めた私たちは、

      専門的な緩和ケアをやっていくという覚悟びっくり

      この覚悟があるからこそ自分を高め、周りも高めていけるのではないかと話し合いました

       

      研修を終わってこれができる、あれができるというものではなく

      常に専門的緩和ケアを意識し、ケアを考え、また、緩和ケアを担いチーム員をサポートする

      また、緩和ケアに携わる私たち看護師のストレスもケアできるようにしていくということを

      常にに意識し続け行動していく事が大切だと思っていますお願い

       

      訪問看護ステーションはがんの方だけでなく、高齢者のend of lifeも緩和ケアの対象です

      どんな方でも訪れる最期を、満足のいくものにしてもらえるよう

      力を尽くせたらなと思いました。

      頑張ります筋肉

      | ショチョーW | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:38 | - | - | - | - |









        http://fureainsst.jugem.jp/trackback/436
        PR
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        RECOMMEND
        OTHERS