PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふれあい広場

東京ふれあい医療生協 ふれあい訪問看護ステーションの公式ブログです。

ステーション内の出来事などなど、面白おかしく紹介します。


<< 行き詰まる | main | キャパ越え?! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    その人らしさ
    0

      訪問看護だけでなく、看護をしていると必ず出てくる「その人らしさ」

      今長女も、在宅分野のポスターを卒業に向けて作成していますが

      テーマが「その人らしさを支える看護」

      大きなテーマだ!!

       

      私たち訪問看護師は、その人らしさをきちんと把握しているか?

      その人らしさは、どうやって把握する?

      よく「この人は〜〜〜いう人です」と言ってしまうことがあります。

      私たちが関わる短い時間、期間だけでその人を理解できるのだろうか?
      その人らしさは、どの国のどこで生まれ、どんな親に育てられ、どんな経済状況で育ったか、

      どんな教育を受けてきたか、どんな経験を積んできたのか・・・・

      その中で培われた価値観、死生観、家族観など

      色々知らなければ、本当のその人らしさは見えてこないというのが実感

      訪問看護師は関わりながら、一緒に療養者と悩みながら歩むうちに

      きっとこの人は、こういう人なのかもしれないな〜という漠然としてるけど

      形作られてくる気がします。

      退院前訪問に行ったり、新規依頼で情報を送られる時に

      問題のある人、問題のある家族と送られることがあります。

      きっとそれは、病院や診療所など生活の中の療養者を知らないのと、

      ライフレビューを知らないからではないかと思うのです。

      行って見て話すと、その行動も、言動もきちんとその人なりの理由があって、

      そこにはその方の価値観があるので納得がいくことが多いのです。

       

      私たちが考える幸せが、その人にとってはそうでもなく

      私たちが大変だろうにと思っていても、その人にとっては幸せであったり

      人の幸せはその人が判断するもの

      私たちは、その人らしさを考え抜き、寄り添い、

      その人が幸せだと思えるようなケアをしていきたいなぁ〜と思いますわーい

       

       

      | ショチョーW | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 02:02 | - | - | - | - |









        http://fureainsst.jugem.jp/trackback/433
        PR
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        RECOMMEND
        OTHERS