PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふれあい広場

東京ふれあい医療生協 ふれあい訪問看護ステーションの公式ブログです。

ステーション内の出来事などなど、面白おかしく紹介します。


<< お腹すいたやろ? | main | 認知症ケアへの志望理由 >>
ゴールはどこに・・・
0
    北区在宅療養相談窓口のエリア担当として、主任Kとともに活動中きらきら
    働き者〜〜〜〜手
    ではなくて〜〜〜〜
    在宅への退院調整を考えていく中で、様々な連携の会に出席し
    病院側の同職種と方々と話す機会がありました。
    以前より、自分のステーションでも退院前訪問に行くと
    帰るにあたっての準備が足りないと常々感じているところではありました雨
    今では東京都でも退院支援プログラムの中で、各病院で必ず看護師を
    研修に出さなければならないと力を入れはや3年・・・
    入院した時から退院を考えた支援を・・・・
    でも未だに今週帰るので明後日退院前訪問なんてこともざらにある_| ̄|○
    何か変わったのか?何が変わったの?
    実感として変化を感じられない。なんでなんだろうってずっと思っていました。

    最近の窓口の活動、自身のステーションでの退院前の活動を通してわかったこと
    見ているゴールが違うから、そこを目指すためのプロセスが違うんだと・・・
    連携室看護師さんが言っていました
    「帰りたいって言った時が意思決定なんだ。だから退院までの期間が短くなるのは仕方がない」
    ・・・」「・・・」「・・・
    その場にいた訪問看護師のチーンゆう★という音が聞こえてくるようでしたふふっ。
    確かに帰りたいって言ったら即座に帰してあげたいよ
    最速で準備はしますよ。
    帰しますだけで準備が整ってなかったらすぐに困るのは帰った本人、そして家族。
    やっぱり帰るんじゃなかったって思って欲しくないから、
    短くてもなんでも訪問看護師はあらゆる手立てを考え、
    帰ってから時間をかけて訪問し、すぐに安心をしてもらえるように尽くす

    私たち在宅側は、帰ったその先のことも予測し入院中からできることを準備して帰したい
    これなら安心して帰れますって少しでも思えるようにしたいというのが願い
    特に癌の方。希望をつないでそれが絶たれたとき
    考えたくないけど、そのことも考えてどうするを考える。
    在宅でもそのような会話をしなければならない時が必ず来ますよね
    この抗がん剤が効かなかったらもうやることがない状態で戦っている人
    たくさんいます。戦っているときにその先のことは話せませんと言われたけど
    戦う前から、そんな時も来ることを考えておかなくてもいいのだろうか。
    様々な方がいるので、考えさせられる人、家族に委ねなけれないけない人
    でもいつかは訪れる最期をゴールに考える訪問看護師と、
    今の意思決定を支える病院側とのその差があるのかもしれないと
    支える時間軸が違うがゆえに、今考えるべき事柄に差異が生じちゃうのかもしれないんだなと、
    ここ数日の出来事でシュニンKと「そうかそうか」と
    妙に納得してしまったのでした・・・

    ゴールはどこにひらめき
    短距離なのか、長距離なのかによって
    前準備が全然違うし、走ってからのペースも違う!!
    同じ看護職、願いは患者さんの願いが叶う事きらきら
    それは病院看護師も訪問看護師も同じはず
    一緒にゴールを見つけて、みんなで一緒にゴールテープが切れたら
    そこには泣き笑いが訪れるニコッ
    そんな場面を一緒に共有してもらいたい
    病院での看護があるから、在宅の看護も活きる手
    そうなることを願い、これからもペース配分に注意しながら
    頑張るあひょうパンダのだ

    あっ、もう2時過ぎた・・・
    誕生日だあ    おめでと〜〜〜〜手
    って、おめでたいのか?セリザワさん
     
    | ショチョーW | 02:34 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 02:34 | - | - | - | - |
      某大学病院の退院調整部門の看護師です。いろいろ考えさせられる出来事…。本来は私達病院側のスタッフも地域で支えてくださる皆様も同じゴールを共有し、目指すべき…。在宅療養の準備が出来ないまま退院しても、すぐに困ってしまうのは目に見えるし、そもそも患者さん家族を含め、病院側も地域で関わってくださる皆様もみんなでひとつのチームのはず…。私は患者さんが退院されたあともチームメイトとして関わり続けたいと思います。病院側のゴールは退院じゃないとみんなが感じてくれるように頑張ります!
      | しょうちゃん | 2015/11/07 11:38 PM |










      http://fureainsst.jugem.jp/trackback/333
      PR
      SEARCH THIS SITE.
      MOBILE
      qrcode
      RECOMMEND
      OTHERS