PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふれあい広場

東京ふれあい医療生協 ふれあい訪問看護ステーションの公式ブログです。

ステーション内の出来事などなど、面白おかしく紹介します。


<< ホタルの夕べ | main | 看護部の勉強会 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    おばあさんとパッチワーク
    0
      ランナーAです。

      おばあさんは、5人子供を産んだそうです。
      高齢になり、子供の家にやっかいになることになったそうです。
      その子供も年をとり、自分より先に逝ってしまうこともあったそうです。
      自分は、子供世帯に何かある度、住居が変わる生活だそうです。
      今は、東京にいます。
      慣れない環境ですが、足が悪いもんで、一人でどこかへ行くこともなく、
      デイサービスに連れて行ってもらうくらいなもんで、
      別段、どうってことないそうです。

      部屋は、たび重なる引っ越しで持ち歩いている
      ダンボールだらけです。
      開けて整理するのも、この体じゃ大変だからとそのままです。
      とある日、訪問すると、目を輝かせていました。

      『あんたが来たら見せようと思っていたんだ〜!』

      重くて痛いであろう体を引きずり、ダンボールの所で、
      どこやったっけ?どこやったっけ?
      何かを探している。

      私:『無理しなくていいですよ〜!今度で大丈夫ですよ〜!』
      そんな言葉。耳には届かない。

      『あった〜!!!』

      手に握られていた。綺麗な色とりどりの花が刺繍してある
      パッチワークのテーブルクロス。

      私:『凄い〜!!!』

      バラやチューリップがたくさん!花びらの一枚一枚を強調するように
      影も作られている。
      一年がかりの大作とのこと。
      おばあさんの顔は今まで見たことがない誇らしい笑顔だった。

      繰り返す引っ越しで、自分の荷物も少しずつ整理されていたのであろう。
      この大作は、自分の宝物。どこへ行くにも持ち歩くものの、
      日の目を見ることは少なかったのかもしれない。
      あんな沢山のダンボールの中から、探して見せてくれたこと。
      おばあさんの気迫を感じる。

      感動しました。パッチワークの凄さもさることながら、
      それにも増す、おばあさんの思いの強さに・・・。











       
      | ランナーA | 08:38 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 08:38 | - | - | - | - |
        初めまして。訪問看護師をしているさぬきんぐと申します。いい話ですね。私も利用者様の意外な一面というか好きな事を楽しそうにお話をされると信頼関係が築けているようで嬉しいですね(^o^)
        | さぬきんぐ | 2015/07/17 5:03 PM |










        http://fureainsst.jugem.jp/trackback/312
        PR
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        RECOMMEND
        OTHERS