PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふれあい広場

東京ふれあい医療生協 ふれあい訪問看護ステーションの公式ブログです。

ステーション内の出来事などなど、面白おかしく紹介します。


<< その人の居場所 | main | ランナーAの抜釘日記  >>
誰の困りごと?
0
    気が付けば1か月も更新してなくてすいませんゆう★
    いかにA頼みだったことか・・・
    シュニンKも書いてくれないし〜
    と愚痴はここまであ

    この前認定仲間から誘われ、東海大学の家族看護研究会に参加してきました。
    参加は2回目。今回のお題は、難病の患者様についてのでした。
    丁度タイムリーに、ステーションでも難病の利用者様もいて、
    難しい対応にぶつかったところだったので今回は絶対に参加しようと思いました。
    事例は困った家族と言う印象を受けました。
    この困った家族にどうしたら指導を受け入れてもらい、退院させるのかで
    困っていることが分かりました。
    この研究会では、渡辺式を使って紐解いていきます。
    一人一人にスポットをあてて
    患者・・・
    家族・・・
    看護師・・・
    一人一人にスポットを当てて考えていくと、
    本当に困っているのが誰なのかが見えてくる。
    看護師はいつでも困っているんです。
    難病の方に限らず、小児ならその親とか、高齢者なら本人またはその介護者に・・・
    でも、その困りごとは看護師にだけであって、家族は困ってなかったり、
    本当は本人や、その家族の方が違うことで困ってたり・・・
    私たちはそこを気付いてあげなければならないのだろうな〜kyu

    今回の事例も本当に困っていたのは家族だったんだと見えてきました。
    退院させたい看護師、プレッシャーを与えないようにって思いながらも
    それは伝わるわよ〜〜〜〜と、柳原先生0口0
    困っている人が、何に困っているのかどうして困っているのかが分かれば
    どこにケアの手を伸ばしてあげればいいのか、同声をかけていけばいいのかが
    わずかながらに見えてくるのではないかと思いました。
    忙しい柳原先生は途中参加にもかかわらず、事例を見事に紐解きながら、導いてくれました!!
    先生がいたからこそ短時間で紐解けたのだとは思います。
    自分たちだけだったらこんなにうまく紐解けない自信なら満々にある。
    でも、やっていかなければ、一本も解けてこないだろうなとも思うのですエリザベス

    今回は今年の訪問看護認定看護師の教育課程に入るお二人も
    参加しており、新たな訪問看護師仲間にあえて嬉しかったですハート
    みんなブログに載せていいって言ってくれたので
    ご紹介がちゃぴん


    やっぱり勉強は常に必要だなと感じ
    またアマゾンのお世話になり、先生の著書や、紹介された本を買おうと思います

    いや〜、私の仲間たちはみんなすごいなぁ〜〜。
    ちゃんと勉強してるし、本も読んでる。
    ショチョーWは買って安心。
    後で読もうと言って読んでない本がどんだけ〜〜〜〜あることか_| ̄|○
    忙しい忙しって、それを理由にしちゃいか〜〜〜ンだよね汗
    自分の仕事をマネージメントできてないからいけないんだろうな〜〜〜=3
    もっと頑張らねば時々ウインクペコちゃん
    | ショチョーW | 14:31 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 14:31 | - | - | - | - |
      一生懸命なのになぜかうまくいかないのは何故か?渡辺式はそこがストンと見える。
      私もこの勉強会での学びは本当に実践に生かせてます。
      | 2011V13 | 2014/10/08 7:55 PM |










      http://fureainsst.jugem.jp/trackback/262
      PR
      SEARCH THIS SITE.
      MOBILE
      qrcode
      RECOMMEND
      OTHERS