PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

ふれあい広場

東京ふれあい医療生協 ふれあい訪問看護ステーションの公式ブログです。

ステーション内の出来事などなど、面白おかしく紹介します。


見守りさん
0

    昨年より受けているケース

    精神科訪問看護の指示書で週1回訪問しています

    まだ若い利用者さんには、ご家族がいます

    訪問の対象者は、若い〇さんですが、家族への介入が重要だったため

    最初は、家族との時間、〇さん、締めに家族という感じで訪問時間は過ぎました

    訪問時間はいつも90分はかかりました

    時間をかけました

    家族の価値観が、〇さんとの関係を難しいものにしていました

    価値観は変えられないけれども、家族に自分の価値観に気付いてもらう事から始めました

    そこには、家族自身の生育歴も大きく関与していました

    気付いたからと言って、すぐに受け入れることは難しいものです

    何度も話し合いました。私も家族の価値観を受け入れ、そして〇さんの病気とのすり合わせをする

    家族は、自分の価値観を少し抑え、〇さんに関わってくれるようになりました

    もちろん、とても葛藤を感じながら自分の価値観を押し付けないよう我慢してくれているため

    ストレス1000%とも言っていました

    〇さんの病気には、家族の価値観を理解して、生活を見直してくことは出来ないことを

    何度となく伝え、ようやっと家族の考え方が少し変化してきていたところです

    〇さんには、訪問看護だけでは到底どうにかできるものではなかったため、

    関係者との情報共有のカンファレンスも何度か持ちました

    〇さんについて家族も含め話し合い

    何が〇さんにとって良いのかを、みんなで考えながら訪問しています

    生活がすぐに変化するわけではありません

    家族は、なかなか思うようにいかないことを歯がゆく見ていますが、

    try and erro でまた一緒に考えながらやりましょうと伝えています

    〇さんは、若い時期から専門の方たちがついてくれているから幸せなんだよと

    生きにくい人生にしないために、今から多くの人に見守ってもらいながら

    大人になってもらえるように、みんなで育てようと常々伝えています

     

    そして、その家族は、私のことを「見守りさん」と呼びます

    「いやいや、訪問看護です」と言おうかとも思ったのですが、

    でも、そう思ってくれている理由がそこにはあるのだと感じ

    「見守りさん」を受け入れています

    見守りさん・・・

    なんかちょっといい響き・・・

    人生を見守る

    訪問看護師としての最期まで人生に寄り添うのだから

    「見守りさん」

    いいね

    | ショチョーW | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    心不全パンデミック
    0

      心不全の利用者様

      訪問当初は、心不全の末期で開始となりました。

      循環器専門の訪問診療の先生が診療してくれています。

      訪問初回に、同席させてもらい利用者様への丁寧な病状説明等

      拝見し、感激したのを覚えていますき

      病院では心不全の余命数ヶ月といわれていた方が、

      今もお元気で過ごされています!!

      当初は訪問看護は特指示で毎日でしたが、今では週1回の訪問看護で経過も順調ですゆう★

      本人らしく今も生活されている姿を見ると、専門性の高い治療はやはり重要と感じています手

      そんな先生のいらっしゃるクリニックでの心不全カンファレンスに行ってきました

      多くの多職種が集まり、講義、症例検討を含め充実した時間を過ごせました

       

      講義をしてくださった先生が、心不全は基礎疾患があって進行してしまう

      糖尿病治療によっても大きく予後が変化すると言っておりました。

      最近テレビでも「高齢化社会に突入しているわが国は心不全パンデミックである」

      と放送されていたので、より今日深く勉強できました。

      講義をしてくれた先生が、面白い切り口で講義もしてくれ

      自分自身の食生活も振り返る事ができました

      研究をしている先生で、ips細胞で作った心筋が動いているのを見ると

      可愛くてハート仕方ないと言っていたのが印象的でした

      研究を発表すると必ず、反対意見が来ると

      でもその反対意見から、次の疑問を見出しさらに研究するという

      その思考の流れを聞き、研究者って凄いな〜〜〜と感心してしまいましたヤッタv

       

      このカンファレンスの前に一緒にスタッフと蒙古タンメンが食べたいと話していたのですが、

      血管を硬くしないためにはオリーブオイルが良いというのを聞き、自分たちの食の好みが

      なんて身体に悪いんだろうと笑いながら帰途に付きました。

      そして、明日から家の料理は全てオリーブオイルを使おうね〜と心に決めたのでしたランチ

       

      | ショチョーW | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      誰のため?
      0

        がんと戦っている人はたくさんいる

        もうやることはありません

        それでも最期まで希望を持ち戦う筋肉

        医学的には効果が望めないと解かっていても希望があれば治療はする

        医療者は、「告知をしたけど解かってないようだ」という

        本当に分かってないのかも知れないが、解かっているけど解かりたくないのかも知れない

        それでも「頑張るといえば」医療者も一緒に頑張るを見守るちゅん

        シフトチェンジできるタイミングを見計らいながら

         

        最近同じように戦っている方が、治療のために入院

        月の半分在宅、もう半分治療

        そう聞いていたが1週間で帰ってきた

        そして翌週外来受診2日間続けて

        骨転移の痛み、麻痺もあり一人では受診できない

        家族も働いている

        当然本人は家族に迷惑をかけたくないと思う

        当然だ!!!

        言えばきっと助けてくれる、でも家族だって社会に出ている身

        そうそう休めないのは社会をよく知っている本人が一番分かる

        何故、入院中に外来でできる検査をしてもらえないんだろう?

        緩和って何だ?おい

        そこに社会的な痛みを伴ってないの?
        治療する事が家族に迷惑をかけるって思ったら辛いよゆう★

        一人で頑張らせるのは忍びない悲しス。

         

        医療者だから病院側の理由も何となく分かるが・・・

        でもだ!!!

        患者の希望通りに治療に付き合うなら、丸ごと付き合ってお願い

        病院の利益は患者には関係ない

        それでも「病院として」と言うなら

        どうやったら安全に受診できるか考えて欲しいお願い

         

        訪問看護では全人的痛みを緩和できるように骨身を削る

        それは、私たちだけじゃなく病院、福祉サービス

        全てで緩和をしていかなければ成し得ない

        私たちは、出来る限りの福祉サービスを提案する事ぐらいしかできない

        そこにはお金も発生する

        私たちは誰のためにケアをしているの?クローバー

         

         

         

         

        | ショチョーW | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        今と昔
        0

          気が付けば4月

          3月に更新しようとして一度もできず_| ̄|○

          何をそんなに忙しかったのか・・・0口0

          日々何かに追われて、夜にPCに向かうもののうたた寝

          でも訪問で忙しいのは苦になりません手

           

          ある利用者さん

          イレウスを繰り返し、またイレウスになったらどうしようと

          不安の中で生活していました

          知人より訪問看護を勧められ、訪問は始まりました

          イレウスにならないためのアドバイス

          生活上の不安を傾聴し、一緒に考え提案

          言われたことは忠実に守り、一番心配だったイレウスも起こさず

          排便もしっかりとコントロール出来てきました

          その中の会話で、何度も入退院を繰り返しているからわかることとして話してくれました

           

          昔の病院の看護師さんと、今の病院の看護師さん  

          何だろ・・・違う悲しス。

          昔のほうが温かかったと思う

          心配なことを聞いても、答えてくれた

          今は、聞きにくい

          聞いてもあまり答えが返って来ないし、話が続かないの・・・と

          今は、訪問看護師さんがたくさん話を聞いてくれるからすごく安心

           

          訪問看護は予防が基本

          そして今起きている不調にも、整えるためのケアをする

          今も昔も看護はどこでも同じはずエリザベス

          看護を受ける人が、今と昔の違いを感じるのであれば

          私たちは自分の看護を見直さなけれなない由々しき問題です

          襟を正さなければいけないと思うひと言をいただきました

          感謝ですあ

           

           

          | ショチョーW | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          リハ+看護=QOL
          0

            30年の介護、医療の同時改定

            訪問看護ステーションからのリハの点数が下げられました_| ̄|○

            訪問看護ステーションからのリハビリはとても重要

            看護だけでは、QOLは完全なものになりません

            PTの身体リハビリでの運動機能の回復

            OTの作業療法、生活リハビリ

            STの言語嚥下機能の回復

            セラピストがもたらす機能回復は、Lifeを取り戻します

            でも、セラピストだけでは疾患による体調は回復しません

            看護が健康を維持して初めて有効なリハビリが長く継続できるのだと思います

            健康を維持し、機能が回復するという事はQOLが向上するという事

            QOLは生きる希望ですきらきら

            end of lifeにある時期であるからこそ、生きる希望が最期まで重要です

            精神疾患を持っていてもストレングスを活かし自信を回復して生きる

            難病、障害があっても残存機能を最大限生かし生きる

            看護とリハは切っても切り離せません

            改正後は、よりリハビリの効果を求められるでしょう

             

            脳血管疾患のHさん

            転倒して骨折し入院していました

            2か月の入院後ようやく退院onpu03

            でも、病院では階段昇降は3段程度のリハビリしか進まないと

            それでも、自分の家に帰りたいHさん

            家に帰れば大丈夫という、理由のない自信手

            訪問が再開になりましたが、案の定筋力はかなり低下しており、

            足回りは一回り細くなっていましたDocomo_kao18

            PTに身体機能の評価と、環境を見てもらいました

            タッチアップの追加、座位、立ち上がりの改善でかなり違うと

            さらに、弱いほうの足にタオルを巻き、加圧をかけることで筋肉が鍛えられる

            へ〜〜〜〜ですペコちゃん

            タオル1本で有効に筋肉を鍛えられるという知識は、

            セラピストがいなければわからないことです

            リハ+看護=QOL♪

            その人らしい人生を送ってもらうためにクローバー

             

            | ショチョーW | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            学生さんへの種まき
            0

              ショチョーWは、縁あって看護学生さんへの講義をここ数年担当させてもらってます手

              講義をしている最中は、なるべく学生さんたちが眠くならないように

              実際の利用者さんの話を例に挙げたりしていました

              それでも、出席していない学生さん、

              ちょっと気絶中の学生さんアンパンマン

              自分の講義は伝わっているのかといつも不安に思っていました

              全8回、講義、GW、演習

              まだ演習が残ってますが、講義時間の変更で今年度は、

              演習を待たずして終講レポートを出してもらいました。

              100名近い学生のレポートを読んで採点をしなければなりません

               

              そこに書かれていたこと・・・

              在宅には正直興味がなかった沈

              病院の看護と同じことを在宅でもしてるだけじゃない?おい

              訪問看護のイメージ全くつかめてなかったムスっ

              在宅は大変なところ困る

              でも、読み進めていくと

              ショチョーWが伝えたかった、看護を看護過程という講義、GWから

              感じ取ってくれたみたいピース

              興味がわきましたヤッタv

              もっと知りたいと思いましたヤッタv

              実習が楽しみヤッタv

              訪問看護師になりたいと思いましたヤッタvハート

               

              毎年、学生さんから同様なフィードバックをもらっています

              残念ながら、ふれあいにはまだ、育っていった学生さんが戻っては来てません

              でも、どこかで訪問看護師さんになっている人がいるかもしれません

              講義は大変で、毎年命を削って資料を作り、構成を考えています

              でも、ショチョーWがしていることが

              訪問看護師さんを輩出する種まきとなっている事を願ってクローバーにじ

              また来年度も、心に残る講義をしていきたいと思います。

              今年は、新たにターミナルについての講義依頼を受けました

              去年までは在宅における呼吸管理でしたが、

              CN、認知症ケア専門士という資格を見てくださったのかな?

              SPACE-Nの受講やELNEC−jの指導者としても、

              学生さんにend of life careについて伝えて行けるようにしたいと思います

              7月に講義なので準備してかないとなぁ〜〜エリザベス

              | ショチョーW | 02:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              生きたい様に生きる
              0

                今の今、お看取りをしてきた

                親子二人、先立つ子供

                訪問当初より、問題のある親子として訪問が始まった

                共依存、病識が低い慢性疾患患者

                慢性疾患の悪化による腎不全末期状態

                今まで病気を良くしようとする行動は殆ど見られず、

                好きに生きてきたKさん

                そんな方は世の中たくさんいるけれど、死が間近に迫っているかもと言われても

                病気をよくしようという状態にはならなかった二人

                病院へのクレームは酷く、医療者も対応に苦しむ

                良くしようと思っても、良くしようとしないずれの中

                そのズレに憤りを感じざるを得ない中での訪問看護

                病気を悪化する要因となっている生活習慣をちょっとだけでも直せないか問うて見る

                「これ以上制限されるのはごめんだ」

                「病気がちな子だった。心配でしょうがない」

                本人も良くする気はないが、親も心配と言いながら病気を悪化させるものを買い与える

                この二人に何の医療が必要なのか?

                生きたい様に生きてきた結果も、その親子が背負うのならば

                それはそれでありなのではないかと思う

                見放すわけではない、

                ただ生きたい様に生きる中での苦痛だけはとってあげられるかもと思いながら訪問していた

                 

                この二人を少しでも理解したくて、エンゼルケアをしながらライフレビューをする

                親一人子ひとりかと思ったら、兄弟がいた

                でも、早死にしてしまっていた

                本人も生まれつきの心疾患で幼い頃から病院通いの、手術ばかりの人生だった

                親も何度も手術をしてきて、病弱な子を残していけないと言う親の思い

                小さい頃から病気ばかりでかわいそうと言う思い

                そんな親の思いが、子の人格を育て、親には甘えられる唯一無二の存在

                親がいなければ自分の存在も危ぶまれる

                親にだけは自分の存在価値を見出せる

                決して長い人生ではなかった

                幸せと言える人生だったのかも、分からない

                でも、どんな人生であれ生きたい様に生きるしかないのだろう

                そういう意味で言えば、この親子は生きたい様に生きて幸せだったのかも知れない

                答えは二人にしかわからないけれど

                 

                天涯孤独になった親御さんへ、

                何かあったらいつでも相談に乗りますとだけ伝えてステーションへの帰路へつく

                | ショチョーW | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                24時間生活、人生を支えるという事
                0

                  新年あけましておめでとうございますき

                  今年もよろしくお願いいたします♪

                   

                  今年は1日と3日がお当番でした

                  何事もないことが一番ですし、そうならないように予測されることを十分ケアしてきています

                  それでも、トラブルはつきもの

                  好きでトラブルを起こすわけではない

                  呼んだほうも、申し訳ないという思いでかけてきているはず

                  この2日間で、3件の訪問をしました

                   

                  難病の痛みへの対応。介護者も体調不良でなかなか訴えに対応しきれずにいたようでした。

                  痛みが出る病気であるため、かなり強い疼痛緩和をしていますがそれでも痛い

                  これ以上のレスキューも使えない中、行き詰まる家族からの電話汗

                  どうにもならないのは分かっているけど・・・・

                  「いく事で少し落ち着くなら行こうか?」

                  そう問うてみる。行ってもできることは限られている

                  それでも、何かケアはできるDocomo88手当てDocomo88

                  「じゃあ、お願いします」

                   

                  2件目は認認夫婦の尿カテーテルトラブル

                  年末前に交換していたのに、すぐに尿漏れトラブル

                  医師に確認し、パットで乗りきることに・・・

                  でも、カテーテルが入っていることで、その効果がみられてないことの不安が介護者、ケアスタッフに現れる

                  問題ないから大丈夫と思えるのは医療者だけショボン

                  不安なものは不安ゆう★

                  お正月のため来ていた家族が、そのトラブルを目にし、このままでいいのか?

                  そう思うのも仕方ない。説明はしたけどできれば見てほしいと言うため、顔を見て不安を聞く。

                  問題解決がすぐできなくとも、きちんと顔を合わせて話すことで納得もしてもらえ、

                  様子を見てもらえる。仕方ないから行ってもしょうがないではなく、不安に寄り添う

                  一度経験すれば次は、家族も様子がみられるようになる

                  そうやって家族も成長していくマリオ1upキノコ

                   

                  3件目はCVトラブル

                  トラブル回避の説明はしていたが、やはりできなかった様子

                  夜だったため、恐縮されていた沈

                  一度説明してはいたが、実際にやってもらったわけではない

                  やはり経験しなければ、できないものだ

                  次はちゃんとできるようにしますと、恐縮している

                  大丈夫大丈夫。次は頑張ろう筋肉

                  でも、年末年始は楽しく過ごせたようで笑顔だった

                  良かった。嬉しそうな顔が見れて花

                   

                  訪問看護ステーションでは、当番が療養者の生活を支える

                  それは、まだ続く人生を支えることにもなるのだ

                  「来てくれると思うだけで安心です」

                  その安心を私たちはいつも守っていきたいなっと思ったお正月でしたお願い

                   

                  | ショチョーW | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  連携
                  0

                    連携矢印上

                    どこもかしこも連携・連携手

                    顔と顔が見えるためには連携が必要

                    地域ケアシステムを進めていくのも連携が必要

                    看々連携が何より重要

                    そう思って様々な研修や、会議で話していく

                    さてはて、それで連携ってとれるようになっているのか?

                    連携が取れたってどうしたらそう言えるのか?ゆう★

                     

                    今日は特に何もなかったので、いやいやながらプチ大掃除まがいのことをしてました

                    掃除しながら、最近の出来事を何気なく思い返してみると・・・kyu

                    とても連携の取りにくい所とのやりとりを思い出しました

                    開業医の先生たちも、ケアマネジャーさんたちも忙しくて

                    結構連絡する時間が難しい汗

                    訪問看護師とも連絡が取りにくいってよく言われるけど

                    相手の良き時間を知ることも大事なんだよね

                    早すぎても遅くなってもダメゆう★

                    時間が上手くいかずに怒られてしまったのですが

                    さらに、看護師に対しても苦言を言われてしまいました_| ̄|○

                    訪問看護師が報告をするというのは、ちゃんとしたアセスメントをもとに

                    伝えるべきと判断したからなんだけど、理解をしてもらえなかったことも残念だったショボン

                    心の底では、会ったことも話したこともない、

                    しかもどんな看護を提供しているかも知りもしないのに

                    看護師の評価だけでなく、事業所自体の評価までしてきてゆう★

                    ・・・・と思っていたけどおい

                    もやもや〜、ふつふつ〜と思っていけど、依頼は依頼

                    ここは冷静に、依頼を受けるか受けないか・・・・

                    どうしたらこちらの事情も伝えて行くか

                    嫌な気分にさせないために、アサーティブに・・・

                    最近はICTも普及してきているので、今回はメールでのお返事

                    返信は数日後に来ましたが、受けた依頼に対してお礼が書かれていました

                    その時ふと思ったのですびっくり

                    連携って顔が見えない時だってある

                    顔を出したくないところだってある

                    今までどんな研修も顔と顔が見えて初めて連携がとりやすいという趣旨

                    それは本当にそうだと思うけど、そうじゃないところだってあるのが現実

                    だからと言ってそこと連携を取らないわけにはいかない

                    そんなところとも、より良い連携をとるには

                    相手のコミュニケーションの仕方を同じにすること:)

                    いつだって、電話して言葉で伝えればわかってもらえると思ってはいけない

                    伝えてたいことを解りやすく言語化していく事もコミュニケーション

                    言葉だと感情が入ったり、余計な情報が入り込んでわからなくなることもある

                    特に看護師は、報告が苦手な部類と言われている黒猫

                    「SBAR」最近ステーションでも研修したけど、会話でないコミュニケーションをとるために

                    必要なコミュニケーション技術の一つだ

                    そうか、そう思えば連携がとりにくいなんて思わないでいられるかも〜〜〜

                    カモだけどね・・・ムスっ

                    本当は話し合いができる関係でいたいけどね・・・お願い

                     

                    掃除って意外と色々無心で考えられるからいいのかも

                    でも大掃除は嫌い泣

                    | ショチョーW | 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    SPACE-N終了
                    0

                      9月から始まった、日本ホスピス緩和ケア協会主催のSPACE-N

                      専門的緩和ケア看護師教育プログラム

                      全5回の研修、モジュール7の課題を毎回レポートし、

                      モジュールについて対話を通して学びを深めるkyu

                      なぜこれに参加したか・・・

                      ステーションで様々な方々の看取りに関わらせて頂く仕事をしています

                      緩和ケアをしていく中で、これでいいのか、自分の知識、技術は?

                      だからELNEC-Jの指導者研修も受け、指導者にもなりました

                      でも、それでも緩和ケアちゃんとできている?

                      自信満々になれない自分

                      自己満足で終わっていないのか?

                       

                      研修を終え・・・

                      専門的緩和ケアを担う看護師として必要なことを参加した仲間達と考え抜く

                      先を見据える力、見極める力を兼ね備えているからこそ、

                      様々なケースに冷静に、柔軟に対応できる力を持っている

                      そして、自分の事をきちんと知っている。

                      できることできないことも把握しているからこそ、必要なチームを形成することができる。

                      チーム員の力量や特性を判断し、チームとして患者・家族がどうして行きたいかを

                      病期を通して変化する思いに寄り添い、意思決定を支援していける力。

                      それには、患者・家族の価値観を表現できるような関係を作ることができる力が必要

                      そして何より、この研修に参加すると決めた私たちは、

                      専門的な緩和ケアをやっていくという覚悟びっくり

                      この覚悟があるからこそ自分を高め、周りも高めていけるのではないかと話し合いました

                       

                      研修を終わってこれができる、あれができるというものではなく

                      常に専門的緩和ケアを意識し、ケアを考え、また、緩和ケアを担いチーム員をサポートする

                      また、緩和ケアに携わる私たち看護師のストレスもケアできるようにしていくということを

                      常にに意識し続け行動していく事が大切だと思っていますお願い

                       

                      訪問看護ステーションはがんの方だけでなく、高齢者のend of lifeも緩和ケアの対象です

                      どんな方でも訪れる最期を、満足のいくものにしてもらえるよう

                      力を尽くせたらなと思いました。

                      頑張ります筋肉

                      | ショチョーW | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      PR
                      SEARCH THIS SITE.
                      MOBILE
                      qrcode
                      RECOMMEND
                      OTHERS